出版物一覧

デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座

媒体 単行本
内容 「企業の価値」といわれて多くの人の頭に浮かぶのは、「株価=時価総額」だろう。しかし、M&Aの現場では時価総額は参考程度にしかならない。プロが見るのは、組織体系・オペレーション・事業戦略などの「目に見えない」企業の本質である。企業価値の本質を見抜くこの作業を、M&Aの現場では「デューデリジェンス」と呼ぶ。この本は、デューデリジェンスの実務のエッセンスを、一般のビジネスマンや投資家向けにわかりやすくまとめたものである。本書では、企業分析の面白さをわかりやすく伝えるために、馴染みのある次の9社をとりあげた。

1 スターバックス
2 三菱地所
3 創通
4 ビックカメラ
5 GABA
6 JR東日本
7 横浜銀行
8 ミクシィ
9 任天堂

これらの企業を、デューデリジェンスの実践において役立つ「9つの視点」から分析している。たとえば、スターバックスであれば同社の「収益構造」という視点であり、JR東日本であれば「社会動向」、任天堂であれば「資本政策」である。本書を一読すれば、「企業分析」が会計やファイナンスといった分野とはまた別の、独立した哲学と重要性をもつ世界であることがわかるだろう。そしてその知識は、これからのあなたのビジネスや投資のレベルを本質的に高めるものになるはずだ。

著者からのコメント タイトルは平凡です。
しかし、中身は、濃い。徹底的に本質を見つめ、誰でもわかるように体系だて、隅々の表現までこだわり、さらに最後の1ページまで楽しんでもらえるよう、文章に工夫を凝らしました。
結果、企画から完成まで3年の月日がかかってしまいましたが、その分、完成度も高い自信作です。
投資家だけでなく、ビジネスパーソンなら誰でも知的満足を得られる内容に仕上がっています。私は事業開始前の小さなセミナー時代から、約10年、投資教育に関わってきましたが、そこでわかった投資で成功するコツは、たった一つだと思います。それは、「自分が納得するまで調べること」。ただそれだけです。でもそれが普通の人にはできない。
時間がないからではありません。何を調べればいいかを「知らないから」です。
だからこの本では、一体、企業の何をみれば、投資判断ができるのか? を書きました。
普通の人が見過ごしている視点、一見すると良い会社も実は死角があること、一見、悪そうに見えても実は着目すべき点があること、そういった視点・切り口を網羅し、誰にでもわかりやすく咀嚼して説明しています。そして極めつけのプレゼントとして、この本には、なんと時価10,000円相当の銘柄分析レポートのダウンロード特典が付いてきます!
本に書いてある「キーワード」を入力することで、300社の中から選ばれたある有望企業の詳細な分析レポートが手に入ります。てんこもりの企画ですが、本当におすすめですので、ぜひお楽しみくださいませ。
購入先 Amazon
出版社 日本実業出版社
発行年月  2008/10/9
著者 山口 揚平

 

ほんとうの株のしくみ

媒体 文庫本
内容 「株式投資はギャンブルのようなもの」と思っていませんか? または「株価が好調なときにしか儲からないもの」と決めつけていませんか?
初心者のみならず、長年株式投資をしている人でも、実は明確な指標、「投資のモノサシ」をもたずに感情の赴くままに売買を繰り返している人は多いのです。
本当の企業の価値がわかれば、もう心を乱されることはなくなります。本書では、たった5分で「企業の価値」が計算できる、簡単な方法を紹介します。
これができるようになれば、その会社の株価はいったいどれくらいが妥当なのか、現在の株価が価値に対して割安なのか、割高なのかがすっきりとわかります。
体系的な知識にもとづいて確実に利益を積み上げてゆくにはどうすればよいかがわかる、一生使える株式投資のバイブルと言えるでしょう。多くの投資家たちに愛された名著『日本人が知らなかった新しい株の本』を再編集して発刊。
購入先 Amazon
出版社 PHP研究所
発行年月 2013/10/3
著者 山口 揚平

 

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

媒体 単行本(ソフトカバー)
内容 【「はじめに」より】
ふたりの天才画家、ゴッホとピカソの偉大な名声なら、誰もが知っているだろう。だが、ふたりの生前の境遇には、天と地ほどの差があった。
両者の命運を分けたのは、なんだったのか?
それは、ピカソのほうが、「お金とは何か?」に興味を持ち、深く理解していた、という点ではなかったか。というのも、ピカソがお金の本質を見抜く類まれなセンスを持っていたことがうかがえる逸話が、数多く残されているのである。・ピカソの絵はなぜ高いのか?
・なぜピカソは小切手を使ったのか?
・ピカソはなぜ、ワインのラベルをタダで描いたのか?
・ピカソの名前はなぜ長いのか?生前、ピカソは言ったそうだ。 「私は、対象を見えるようにではなく、私が見たままに描くのだ」
僕たちも、お金の正体を知らなければならない。
そうでなければ、僕たちは自分の人生を自由に創造し、幸せに暮らすことがますます難しくなるだろう。【本書紹介】
将来の“正解”が見通せない今、誰しもが、ぼんやりとした不安を抱えて生きているのではないでしょうか。その大きな原因は「変化が重なり、先がよめないこと」。近年、グローバル化やIT化によって最も大きく変化したもののひとつが、金融、「お金」のあり方でしょう。「お金」の変化に伴って、私たちは、食い扶持の稼ぎ方や、人との付き合い方など、生き方を大きく見直すべき岐路に立たされています。著者が、M&Aコンサルタントとして見聞きしたガイシ大資本の論理や、独立・起業で痛感した価値と価格の差を生む信用の大切さなど、独自の経験というフィルターを通して見た「お金」の変化を整理し、どうすれば幸せをつかめるのか、経済的に生き抜いていけるのか、これからの世の中にフィットする考え方や行動様式のあり方について、淡々と軽妙なエッセイ風につづられています。

お金は「笑顔や感謝の言葉などコミュニケーションツールのひとつ」であり、「目的でなく、アイデアを具現化する構成要素」に過ぎない、という結論にたどり着いたとき、あなたの生き方はひょっとすると変わるかも?しれません。
高校・大学生や、社会人中堅クラスの方がモヤモヤと感じている世の中の変化をスッキリ描き出し、自分の未来を考える上で土台を固めてくれる新「資本論」です。

購入先 Amazon
出版社 ダイヤモンド社
発行年月 2013/3/8
著者 山口 揚平

 

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

媒体 単行本(ソフトカバー)
内容 ◆「好き」で「食う」ために、まずは“土台”を作ろう!

このまま会社にいても将来はどうなるのだろうかと思っている人、
自分がやりたいことをしたいと会社を辞めてみたものの、それで食べていけるのだろうかと不安になっている人、
そうした皆さんが本当に望んでいるのは、「好き」なことでちゃんと「食う」ことができる生き方ではないでしょうか。

何もビジネスで大成功したいと望んでいるわけではなく、ただ自分が好きなことで社会に貢献し、
そのお金で食べていくことができれば、それが求めている自分の幸福だと多くの人がすでに気づいています。
でも、好きなことをただやっても食べていくのは難しい、それが現実――と考えるのは、間違いです。
「好き」で「食う」にはコツがあります。その知識をきちんと学べば、食べていけるだけのビジネスにできるのです。

本書は、そうした「好き」で「食う」ための知識、つまり稼ぎのための“土台”について、10のビジネスモデルとして解説しています。
モバゲーやディズニーランド、AKB48など、実際のビジネスにどのパターンが当てはまるのか、図でも紹介していますので、自分のビジネスモデルを考える際の参考になるでしょう。
さらに、起業までのステップ、独立してからの考え方のポイントについても、実際に経験したからこそわかる、サラリーマン時代との大きな違いを説明しました。

自分の好きなことでいつか食べていきたい、そう思いながら一歩前に進む勇気がない人に、「好き」で「食う」が実現できる方法を徹底的に指南する注目の書です。

購入先 Amazon
出版社 アスキー・メディアワークス
発行年月 2013/1/30
著者 山口 揚平

 

まだ「会社」にいるの? ~「独立前夜」にしておきたいこと~

媒体 単行本(ソフトカバー)
内容 「会社を辞めたい、でも辞める勇気がない」
そんなジレンマを抱える人にの背中をそっと押したくて、
僕はこの本を書きはじめました。
(「はじめに」より)家入一真氏、推薦!
「新しい時代の働き方は、もう答えが出ている! 」会社員時代に知っておくべき、「一人で生き抜く知恵」とは?■会社からの独立は、だれでもできる!

「会社を辞めたいけれど、不安だ…」
「独立できる人なんで、特別な才能を持っている人だけ」

そんな思い込みは、もう捨てていいんです!
約50年前の日本は、会社に所属せずに働いていた独立事業者であふれていました。
つまり、「会社に所属せずに働く」という選択肢は、姿勢の問題にすぎないのです。
本書では、著者の独立・起業の体験をもとに、多角的なアプローチで「独立の及第点」を示します!

■会社を辞める悩みや不安は、必ず解消できる!

Q-1.「独立して、一人でなにもかもこなすなんて不安……」
A-1.「メンタルログ」で自分の感情のユレをつかむ!

独立は時に「感情のジェットコースター」とも言われます。
一人でいろいろな困難に立ち向かい、正常なジャッジをするには、
気分を安定させることが重要です。
自分の感情を日記形式で記して、バイオリズムを把握しよう!

Q-2.「独立しても大丈夫なくらいのスキルはどうすれば身につくの?」
A-2.理想にする先輩をロールモデルにしよう!

独立後の「仕事力」は、実際のスキルだけでなく、
人柄や立ち居振る舞い、さらには謙虚さなども含めての「総合力」です。
あなたが、トータルで魅力的に感じる先輩の仕事の仕方を、
陰でこっそり真似してみましょう。

Q-3.「会社を辞めても、だれも協力してくれなさそう……」
A-3.人間関係を「棚卸し」しよう!

会社を辞める前に、これまで出会った人たちのなかから、
あなたに対しての「信頼残高ランキング」を作ってみよう。
その人たちに自分がこれからどう貢献できるのか?
そして、得られている信頼をどう保ちたいのか? それらを、再確認しよう!

購入先 Amazon
出版社 大和書房
発行年月 2013/12/22
著者 山口 揚平

 

10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと 答えのない不安を自信に変える賢者の方法

媒体 単行本
内容 世界が変わっても大事なことは1つのこと

AIやロボットの台頭、広がり続ける格差、価値観の変容、資本主義の終わり、グローバル化……。
混沌とする社会の中で、自分の足で生き抜くために必要なことは何か。

20代でダイエー、カネボウなどの企業再建やM&Aにかかわった後、独立。
宇宙開発からIT、金融、劇団経営まで、計13もの事業にかかわり、
100社近くの起業の手助けをしてきた著者は、
まさに、自分でビジネスを作る=どんなときでも食べていく仕組みを作る力の持ち主。
そんな著者が、今後10年間、自分らしく能力を発揮して生きていくためには、
どのような発想や考え方を持ち、行動していけばよいのか、
働き方、コミュニケーション、人間関係、これからの企業のあり方など、幅広く指南します。

●本書の内容の一部
・やる気なんてなんの意味もなさない
・大企業中心の縦社会から、ネットワーク中心の横社会へ
・お金中心から、承認中心の社会へ
・「学び方を学ぶ」ことが、最大のスキル
・優秀さは「謙虚さ」と「能力」の掛け算である
・「能力がない」ということは「勇気がない」ということに等しい
・事業家になるために必要な3つのスキル
・イーロン・マスクよりも、イーロン・マスクを生み出した「調達可能性の高い」社会の仕組みを考える

CChannel株式会社 元LINE CEO 森川亮さん推薦!

●こんな方におすすめ!
・新しい成功の価値観を知りたい方
・これからの時代に合った仕事の仕方を考えたい方
・数年後自分の仕事はどうなっているのか?
今のやり方のままで今後も通用するのか?
と漠然と感じている方

●読者の感想
・「タイトルに惹かれて買った。自分で考えることの大切さを、益々感じた」(30代 男性)
・「今後の人生の指針にしたいと思う。良書です」(50代 男性)
・「この本を読んで、今後の自分の生き方に勇気が持てました」(20代 男性)
・「ひさしぶりに面白い本を読みました! 」(20代 女性)
・「どんなときでも、自分自身が出発点であるということを思い出させてくれました。
今後の生き方が変わりました」(30代女性)

購入先 Amazon
出版社 SBクリエイティブ
発行年月 2015/7/11
著者 山口 揚平