中長期投資における銘柄の選び方

安心して持っていられる株の3つの条件

中長期投資における銘柄の選び方をご紹介します。私たちは、安心して中長期投資できる銘柄には、3つの条件があると考えています。

1.割安であること

2.今期の業績がよいこと

3.長期経済性(5~10年後)が見通せること

割安度は、投資の基本です。割安度指標には、PER、PBRだけでなく、EV/EBITや企業価値評価(DCF)による評価を使います。

PER、PBR、EV/EBIT、企業価値評価(DCF)の詳しい説明はこちら

しかし、過去の利益や資産をもとにした割安度だけでは判断できません。投資で重要なのは、過去でなくあくまでも将来です。ですから、今期の業績を考えます。

今期の業績が良好(可能であれば上方修正)であれば、株価は短期に跳ね上がることもあります。

しかし、これには、徹底的な取材が必要です。企業のIR担当者への電話確認はもちろんのこと、必要に応じて、トップマネジメントへのインタビューや、店舗に足を運んだりします。

これは個人投資家でも、ノウハウさえ知ってしまえば、十分可能です。特にIRへの電話確認は、基本的な質問事項さえ知っておけば、15分でできます。

最後に、その会社の長期経済性が信用できれば、“安心感”が加わります。少しぐらい株価が落ち込んでも、気分のほうは落ち込みません。

長期経済性を見抜くには、業界や事業の構造分析ができなければなりません。これは誰も教えてくれません。もちろん本にも書いていません。ですが、基本的なコツさえつかんでしまえば、案外、簡単にできてしまいます。

さて、この3つを跳び箱に例えるならば、以下の通りです。

割安度:「跳び箱の高さ」

来期業績:「踏み切り盤」

長期経済性:「マット」

3点そろって、はじめて中長期投資ができるということです。皆さんの投資銘柄をもう一度チェックしてみたらいかがですか?