財産価値の算出方法

財産価値の算出方法をご紹介します。

財産とは事業に必要のない、企業という蔵に貯め込まれている余剰の資産のことです。
財産の価値 = 流動資産 -(流動負債 × 1.2倍)+ 投資その他の資産

 

財産は流動資産と固定資産の中にそれぞれ貯め込まれている場合があります。

流動資産とは、換金性が高い資産のことで、1年以内に換金されるもののことです。
流動負債とは1年以内に出ていく負債のことです。

手持ちの資産から出ていく負債を引いた分は余剰な資金であり、財産と見なします。

上場企業の流動比率、つまり流動負債に対する流動資産の倍率は平均で約1.2倍です。

ですから、ここでは、流動負債を1.2倍したものを流動資産から差し引き、
残った部分が余剰な現金、つまり財産であると考えているのです。

固定資産とは1年以内には換金されない資産のことです。

固定資産の中にある「投資その他の資産」とは、定期預金や他社の株式などです。
これらの投資は余剰資金で行われることがほとんどですので、財産とみなします。