事業価値の算出方法

事業価値の算出方法をご紹介します。

事業の価値とは、「企業が本業でどれぐらい稼ぐ能力があるか?」ということです。
本業が稼ぐ能力を見るには、営業利益を見る必要があります。

しかし営業利益は税金を引く前の利益です。
ここから、日本の税率である40%を引いて出てくるのが「事業の利益」です。
さて、この事業の利益から、価値を求めるには?

価値を求める式は、以下の通りです。
価値 = 利益 / 期待利回り(%)
期待利回りとは市場参加者みんなが妥当と思う利回りです。

 

株式市場の平均期待利回りは5~9%といわれています。
ここでは期待利回りを6%と仮定します。
(保守的に算出したい場合は9%と仮定するとよいでしょう)

さて、これを計算式で表わしますと以下の通りです。
事業の価値 = 営業利益 × 0.6(税率40%を控除)÷ 0.06(期待利回り)

つまり、事業の価値は以下の式で求めることができます。
事業の価値 = 営業利益 × 10
よって営業利益を10倍したものが事業の価値となるわけです。