初心者のための株式投資入門

ちょっと待って。

投資するのは、まだ早い!

『5分で企業価値を算定しよう!』

初心者のための株式投資入門です。

「安く買って高く売る」

これが投資の基本です。しかし、今の株価が高いかどうかがわからなければ安く買うことも高く売ることもできないのではないでしょうか。

投資においてもっとも重要なことは、「実力と評価の“差”を見抜くこと」なのです。

企業の価値は、その事業で稼ぎ出すキャッシュと財産の価値で成り立っています。そこから、その企業が借りている借金を引くと株の価値が出ます。これを株価と比較すると割高・割安が瞬時にわかります。株を買うとき、その価値がわかっているのとそうでないのとでは、“安心感”がまったく変わってきます。

株式投資を始めたばかりの初心者の方にこそおすすめです。

今回は、皆さんに株の価値をどうやって算定するのか、その具体的な方法を紹介します。入門編です。

簡単なやり方ですので、慣れれば5分でできるようになると思います。そして、一生、役に立つと思います!

早速、いきます。皆さんも手を動かしてみてくださいね。

まず、必要な情報は「有価証券報告書(以下、有報)」と「その日の株価」だけです。

有報はEDINETで無料で入手する事ができます。株価はYahoo!ファイナンスで入手することができます。

株の価値 = 事業の価値 + 財産の価値 - 借金

であるとお伝えしました。事業の価値とは、ビジネスで、会社が将来どれくらいのお金を稼ぐかを予測して算出します。財産の価値とは、会社が保有する現金や有価証券、土地などのビジネスに関係ない資産です。

借金とは有利子負債のことです。

それぞれの具体的な算出式は、以下の通りです。

事業の価値 = 営業利益 × 10倍

財産の価値 = 流動資産 -(流動負債 × 1.2倍)+ 投資その他の資産

借金 = 有利子負債

では、この算出式を使って、実際の企業の株の価値を算定してみましょう。今回はエイジス(JASDAQ:4659)という、ホームセンターなどの棚卸しを専門に請け負っている企業を用います。

有報を見ると、エイジスの2009年3月期時点の数字は、以下の通りです。

営業利益 2,227百万

流動資産 5,286百万

流動負債 2,589百万

投資その他の資産 664百万

固定負債 97百万

これを算定式にはめ込みます。

事業の価値 = 営業利益 2,227百万 × 10倍 = 22,270百万

財産の価値 = 流動資産 5,286百万 -(流動負債 2,589百万 × 1.2)+投資等 664百万 = 2,843百万

借金 = 固定負債 97百万

エイジスの株の価値は以下の通りです。

事業の価値 + 財産の価値 - 借金   = 株の価値

22,270百万 + 2,843百万  - 97百万 = 25,016百万

これに対して、エイジスの時価総額は12,118百万円なので、先ほど算出した株の価値25,016百万と比較します。

エイジスの株の価値は時価総額の約2倍ということになります。このように企業の価値をざっくりと算出する事で、割安株投資をする際の目安としてみてはいかがでしょうか。

この方法に慣れてきましたら、キャッシュフローなどさらに詳細な算出方法を学んでいくともっと安心して投資できるようになります。