企業価値評価(DCF法)の計算式

M&Aでよく使われる企業価値評価の手法の一つに、ディスカウンテッドキャッシュフロー法(DCF法:Discounted Cash Flow Method)があります。

企業における事業の価値と財産の価値の部分を足したものを、「企業価値」と言います。この企業価値より、有利子負債を差し引いた物が株主価値となります。

企業価値 = 事業価値 + 財産価値

株主価値 = 企業価値 - 有利子負債

DCF法に基づいた企業価値評価(バリュエーション)を行うことで銘柄の割安度の判定することができます。

割安度を判定する場合、株主価値と株価(時価総額)を比較します。割安、割高の判定法は下記の通りです。

■ 割安な株 株主価値 > 株価

■ 割高な株 株主価値 < 株価

事業価値の算出方法の考え方

事業価値とは企業が将来的に生み出す、各年のフリーキャッシュフロー全てを、現在価値に割引き、総和したものです。「割引く」時の割引率(WACC)は、企業の収益性や経営効率や事業環境、そして市場環境などに影響を受けるため、各企業毎に異なる値を設定します。

事業価値の算出式

⇒ NOPAT ÷ WACC = 事業価値

NOPATは「みなし税引後営業利益」といい、これに減価償却費、投資額、そして運転資本の増減を足すとフリーキャッシュフローとなります。(NOPATとNOPLATは同じ意味です)

WACC(割引率)は企業毎の資本構成に基づいた値になっております。WACC計算に必要な、リスクフリーレートおよびマーケットリスクプレミアムの値は公開しておりません。システマチックベータ値につきましても、算出手法に、様々な制約・考え方が存在します。

また、昨今、その有用性を疑問視する実証研究が多く存在します。

財産価値について

財産価値とは、非事業用資産とも呼ばれ、事業運営に使用される財産(運転資本)以外の財産のことです。

例えば、長期性投資や有価証券や手持ち現金、そして債権などがこの部類に入ります。事業価値と財産価値の総和のことを、「企業価値」と呼びます。

有利子負債について

企業は2種類のスポンサーが付きます。1つは株主、そしてもう1つは銀行などの債権者です。有利子負債は2つめの銀行などから、企業が調達してきた資金のことです。有利子負債には、長期借入金と短期借入金の2種類があります。

株主価値について

事業価値と財産価値を足したものから、有利子負債の値を引くと、株主の価値を算出することができます。大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)

・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)

・誰でもできる競合比較

時間が限られている個人投資家は、短時間で投資判断することが求められます。ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。しかし、バリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。